大阪府で評判のレンタカー会社ランキング!口コミで人気の会社を厳選しました。

逮捕者も出ている危険な「あおり運転」!被害に遭わないためには?

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/10/29


最近ニュースなどでよく見かけるようになった「あおり運転」。その記録されたドライブレコーダーの映像を見ていると本当に怖いですよね。あおり運転の被害にはできる限り遭いたくないものです。今回の記事では、あおり運転の被害に遭わないために何ができるのかについて見ていきます。チェックして、気を付けて運転しましょう。

あおり運転は犯罪!

最近、ニュースや新聞などであおり運転に関する報道をみる機会が多くなったと感じている人は多いのではないでしょうか。悪質なあおり運転が原因で起こる事故や事件が多発したことから、2020年6月末に「改正道路交通法」が施行され、あおり運転は「妨害運転」として厳しく罰せられるようになりました。

そのため、他の車の走行を妨害するという目的で急ブレーキを踏んだり、車間距離を詰めてきたりするなどのあおり運転は犯罪と見なされ、厳正な取り締まりの対象となります。違反した場合は最大で懲役3年の刑に処せられます。

また、より著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑になるようです。そして、妨害運転をした者は運転免許取り消しになります。さらに、妨害運転により人を死傷させた場合は「危険運転致死傷罪」に当たり、さらに厳重な罰に処せられます。

あおり運転を回避するには?

それではあおり運転を回避するためにはどんなことをすればいいのでしょうか。

1つ目は、安全な速度で走行し、充分な車間距離を保つことです。そして不必要な車線変更や追い越しはしないようにするのがベストです。ついついスピードを出し過ぎてしまったり、もしくは逆に法定速度よりもかなり遅いペースで走っていたりすることはありませんか。あおり運転の標的にされないように、ちょうどいい速度や距離感を心がけましょう。

2つ目は、常に周りの車に注意を傾けることです。後ろの車が急いでいるようであれば、道を譲るようにしましょう。また、危険な運転をしている車がいたら距離を取るようにしましょう。このようにすぐさま情報をキャッチして行動に移すためにも、常に前後左右にいる車を気にするようにする癖をつけましょう。

3つ目は、ドライブレコーダー(以下、ドラレコ)を設置し、ドラレコを設置していることを知らせるステッカーを車に貼ることです。こうすることで100%あおり運転を回避できるというわけではありませんが、あおり運転をする側もわざわざドラレコをつけていることがわかっている車をあおることはしないだろうと考えられるので、少しはあおり運転避けになるでしょう。また、もしあおり運転をされたとしても証拠となる映像が撮れるという面からもドラレコの設置はおすすめです。

ここまではあおり運転に遭う前の予防策を紹介しましたが、ここからはあおり運転に遭遇してしまった際の行動について見ていきましょう。

1つ目は、交通事故にあう心配のない、人目のある場所で停車することです。高速道路ならサービスエリアやパーキングエリア、料金所などであり、一般道ならコンビニやガソリンスタンドなどです。もし停車できる場所がすぐ近くにない場合は、速度を落とすようにしましょう。また、窓やドアの鍵はロックしておきましょう。

2つ目は、警察に連絡することです。そして、毅然とした態度で警察が来るまで待つようにしましょう。さらに、任意で録画するタイプのドラレコの場合は、録画しておくことを忘れないよう注意が必要です。

ドラレコをつけると証拠提出に役立つ

あおり運転による事故や事件の増加とともに注目度が上がっているドラレコですが、具体的にどのような役に立つのでしょうか。

まずは、なんといっても事故や事件の証拠をおさめられるということです。あおり運転だけではなく、信号無視や割り込みなどの被害にあった場合、自分には非がないことが証明できたり、目撃者や第三者がいなかったとしても事故が起こった時の様子を説明したりできるのです。

事故の現場を見ていたという人は意外といないものです。相手によっては、自分が有利になるようなデタラメな証言をするかもしれません。もっと悪ければ、わざと車に衝突して慰謝料を請求しようとしてくるような当たり屋も存在します。

もしそんな厄介な人に当たってしまった場合にも、ドラレコの映像に写っている周囲の状況や信号の色、相手の車の特徴などから、自分の証言が正しいということを証明できます。それに、人間の記憶や証言というものは曖昧なことが多いので、ドラレコの映像や音声の方が確かであると見なされ、事件の早期解決にも貢献してくれるでしょう。

 

あおり運転に遭わないためにも、普段から思いやりや譲り合いの心を忘れずに運転したいですね。また、自分を守るためにもドラレコは設置しておき、さらにドラレコの設置を知らせるステッカーも貼っておくようにしましょう。この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.08.15
「もしレンタカーにキズがついたら何をしたらいいの?」「キズの修理費に何十万円もかかったらどうしよう」など、車を借りたことがない方や初心者の方は不安になりますよね。今回はレンタカーをキズつけた
続きを読む
投稿日 2022.07.15
「レンタカーって返すときに洗車しないといけないの?」と疑問に思ったことはありませんか?とくに初めてレンタカーを借りるときは不安になることが多いと思います。今回は「レンタカーは洗車して返すべき
続きを読む
投稿日 2022.06.15
車を持っていない人にとってレンタカーはとても便利なサービスです。しかし、レンタカーは自分の車ではないので気を使うことがたくさんあります。とくにレンタカーを初めて借りる人は不安でいっぱいですよ
続きを読む
投稿日 2022.05.15
レンタカー利用時、補償のオプションに入るかどうか悩んだ経験はないでしょうか。結論、オプションには加入するべきです。今回は基本的な補償からオプションの内容までを切り分けて説明していきますので、
続きを読む
投稿日 2022.04.15
新しい生活スタイルも浸透してきた中で、気分転換やストレス発散にドライブをするという方でも、雨の日は視界が悪く、路面の状態も滑りやすくなることから敬遠している方も多いようです。前から予定やどう
続きを読む
投稿日 2022.03.15
冬は雪にまつわるレジャーも楽しみな季節ですが、雪道には多くの危険が潜んでいます。日本の国土の半分は豪雪地帯といわれ、毎年雪による交通事故が数多く発生しています。路面の状況は一定ではないため、
続きを読む
投稿日 2021.12.15
家族でレンタカーを借りてお出かけした時に、子どもが車酔いしてしまったというシチュエーションはよくあることでしょう。子どもが苦しい思いをしないためにも、車酔いを起こすのは防ぎたいですよね。今回
続きを読む
投稿日 2021.11.15
特徴 トラックの利用可能 補償 対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、車両補償 等 会員制度 〇 当日レンタル受付 可能 支払い方法 原則クレジットカード 営業時間 8:00~20:00
続きを読む
投稿日 2021.11.15
最近ニュースなどでよく見かけるようになった「あおり運転」。その記録されたドライブレコーダーの映像を見ていると本当に怖いですよね。あおり運転の被害にはできる限り遭いたくないものです。今回の記事
続きを読む
投稿日 2021.11.15
大切なペットと一緒にレジャーを楽しみたい、でも自家用車は持っていない。そのためにレンタカーの利用を検討する方は多いでしょう。そもそも、レンタカーへペットを同乗させることはできるのでしょうか。
続きを読む