大阪府で評判のレンタカー会社ランキング!口コミで人気の会社を厳選しました。

【ピンチ!】レンタカーで子どもが車酔い!子どもの車酔いを防ぐには

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/10/29


家族でレンタカーを借りてお出かけした時に、子どもが車酔いしてしまったというシチュエーションはよくあることでしょう。子どもが苦しい思いをしないためにも、車酔いを起こすのは防ぎたいですよね。今回の記事では、子どもの車酔いを防ぐ方法となぜ子どもが車酔いしやすいのかという理由もあわせて紹介します。確認しましょう。

車酔いの原因は?

車酔いは、耳の奥にある三半規管が察知する不規則な加速や減速の動きと、目から入る情報や体からの情報に脳が混乱し、自律神経が乱れることで起こります。症状としては、めまいや吐き気、嘔吐などがあります。

また、車の中にこもった独特なにおいやガソリンのにおいから、疲れや睡眠不足などの体調不良、ストレスを感じている不安定な精神状態なども車酔いを引き起こすようです。その他にも、車に乗りながらゲームや読書をすることも三半規管と視覚からの情報にズレが生じるので酔いやすくなります。

なぜ子どもは車酔いしやすいのか

子どもは大人よりも車酔いしやすい傾向にありますが、いったいどうしてなのでしょうか。

まず、子どもは前庭小脳が発達しはじめる段階なので、大人よりも車の揺れやスピードに反応しやすいということが原因のひとつとして挙げられます。この前庭小脳は身体のバランスを平行に保つ機能を担っている部分であり、4歳頃から12歳頃の間に成長するといわれています。

前庭小脳は成長段階にあると、外部からの刺激に敏感になっているので、このあたりの年齢の子どもは車酔いをしやすくなるようです。一方、0歳から3歳頃は、この前庭小脳の発達が始まっていないので、外部からの刺激による影響を受けにくく、車酔いをしにくいのです。

次に挙げられる原因としては、単純に車の揺れやスピードに慣れていないということです。ある程度車に乗っていれば、揺れ方やスピードの変化も予測がつきますが、子どもはそうもいかず予測ができないため、車酔いをおこしやすくなります。また、車酔いはメンタルが大きく関係してくるので、酔った時の不快な記憶を思い出すことでも同じ症状を引き出してしまいます。

そして、子どもは車酔いしやすい行動をしてしまう傾向があるということも原因のひとつとして挙げられるようです。たとえば、車内で動き回る、後ろを向く、テレビやスマートフォンの画面を見るなどです。子どもにとっては車に乗ってじっと座っていることは退屈なのでしょうが、これらの行動は車酔いの原因になってしまいます。また、車内の環境やベルトの窮屈さ、子どもの体調などによっても影響を受けやすくなるので注意が必要です。

車酔いを予防する方法は?

子どもの車酔いを予防する方法としては、まずは体調を整えることが大切だといえます。お出かけする日の前日、楽しみであまり眠れず睡眠不足になってしまっていないでしょうか。睡眠不足は車酔いの大敵なので、車内で少しでも睡眠を取れるように気を配りましょう。

次に、こまめに換気したり、普段から車内を掃除したりして、不快な匂いがこもらないように環境を整えるようにしましょう。車内の不快なにおいを香りの強い芳香剤で消そうとするのは避けましょう。また、夏の蒸し暑い状態も車酔いの原因になるので、エアコンをつけて快適な温度に調節することも大切です。

そして、子どもをシートに座らせず、横に寝かせてあげることも車酔い予防につながります。寝ている状態だと、耳の中で車のスピードを感じにくくなるためです。また、これは言わずもがなですが、車内で本を読んだり、スマートフォンで動画を見たりするのもやめましょう。どうしても酔ってしまう場合は、酔い止め薬を飲ませてあげるのもひとつの手です。

もし車を汚してしまったら?

それではもし、子どもが車内で吐いてしまって車を汚してしまったらどうすればよいのでしょうか。まずは、嘔吐物をきちんと取り除き、乾いた布などでよく拭きましょう。もし臭いを取り除くために消臭剤を使う場合は、革製だと色落ちする恐れがあるため、座席の材質をよく確かめましょう。また、よく乾かしてから消臭剤を使うこともポイントです。

さらに、車酔いが原因で吐いてしまっただけならまだマシですが、感染症によるものかもしれないという恐れがあるため、レンタカー会社にはきちんと報告したほうがよいでしょう。しっかりプロに消毒してもらった方が確実です。

また、万が一汚してしまうことを視野に入れて、レンタカー会社ごとにある「保証制度」を調べておき、加入しておくのもひとつの手です。

 

子どもは大人よりも車などの乗り物に酔いやすいものであるということがわかりました。子どもとのお出かけに便利なレンタカーですが、少しでも汚すことのないように、予防できることをしっかりして、汚してしまった場合はそれなりに対処できるようにしっかりイメージしておくことが大切です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.08.15
「もしレンタカーにキズがついたら何をしたらいいの?」「キズの修理費に何十万円もかかったらどうしよう」など、車を借りたことがない方や初心者の方は不安になりますよね。今回はレンタカーをキズつけた
続きを読む
投稿日 2022.07.15
「レンタカーって返すときに洗車しないといけないの?」と疑問に思ったことはありませんか?とくに初めてレンタカーを借りるときは不安になることが多いと思います。今回は「レンタカーは洗車して返すべき
続きを読む
投稿日 2022.06.15
車を持っていない人にとってレンタカーはとても便利なサービスです。しかし、レンタカーは自分の車ではないので気を使うことがたくさんあります。とくにレンタカーを初めて借りる人は不安でいっぱいですよ
続きを読む
投稿日 2022.05.15
レンタカー利用時、補償のオプションに入るかどうか悩んだ経験はないでしょうか。結論、オプションには加入するべきです。今回は基本的な補償からオプションの内容までを切り分けて説明していきますので、
続きを読む
投稿日 2022.04.15
新しい生活スタイルも浸透してきた中で、気分転換やストレス発散にドライブをするという方でも、雨の日は視界が悪く、路面の状態も滑りやすくなることから敬遠している方も多いようです。前から予定やどう
続きを読む
投稿日 2022.03.15
冬は雪にまつわるレジャーも楽しみな季節ですが、雪道には多くの危険が潜んでいます。日本の国土の半分は豪雪地帯といわれ、毎年雪による交通事故が数多く発生しています。路面の状況は一定ではないため、
続きを読む
投稿日 2021.12.15
家族でレンタカーを借りてお出かけした時に、子どもが車酔いしてしまったというシチュエーションはよくあることでしょう。子どもが苦しい思いをしないためにも、車酔いを起こすのは防ぎたいですよね。今回
続きを読む
投稿日 2021.11.15
特徴 トラックの利用可能 補償 対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、車両補償 等 会員制度 〇 当日レンタル受付 可能 支払い方法 原則クレジットカード 営業時間 8:00~20:00
続きを読む
投稿日 2021.11.15
最近ニュースなどでよく見かけるようになった「あおり運転」。その記録されたドライブレコーダーの映像を見ていると本当に怖いですよね。あおり運転の被害にはできる限り遭いたくないものです。今回の記事
続きを読む
投稿日 2021.11.15
大切なペットと一緒にレジャーを楽しみたい、でも自家用車は持っていない。そのためにレンタカーの利用を検討する方は多いでしょう。そもそも、レンタカーへペットを同乗させることはできるのでしょうか。
続きを読む