大阪府で評判のレンタカー会社ランキング!口コミで人気の会社を厳選しました。

引越しが安くなる!引越し代を安くしたいならレンタカーを借りよう!

公開日:2021/11/01  最終更新日:2021/10/29


引越し代をなるべく安く済ませたい。そう考えている方は多いのではないでしょうか。それならレンタカーを借りるのがおすすめです。今回の記事では、引越しの際に業者に頼まずレンタカーを使うメリットや、レンタカーを借りて引越しした場合の代金について、注意点もあわせて紹介します。引っ越し代を安くしたい人は確認しましょう。

レンタカーで引越しするメリットは?

レンタカーで引越しするメリットとしては、まず「自分のペースで引越しの予定を立てることができる」という点が挙げられます。引越し業者に依頼すると、希望の日程が予約できなかったり、時間が選べなかったりします。とくに引越しのシーズンである3〜4月は、希望の日程や時間の選択はほぼできないでしょう。

その点、レンタカーなら自分が希望する日程や時間で引越しすることが可能です。ただし、レンタカーも状況によっては希望車種の予約がいっぱいで取れないということもあるので、早めに予約を押さえておいた方がいいでしょう。

次に挙げられるメリットは、「引越し業者に頼むより費用が安く済む」という点です。引越し業者に依頼した場合の料金は、荷物の量や引越し先までの距離、必要なスタッフの数などによって計算され、業者によっては引越しシーズンである3〜4月になるとさらに料金がアップする場合もあります。しかし、レンタカーで引越しする場合、基本的にかかる費用はレンタカー代やガソリン代、ダンボールなどの資材調達代くらいなので、比較的安く済ませることができます。

そして、「プライバシーが守られる」というメリットも挙げられるでしょう。引越し業者に依頼すると赤の他人が家に入ることになるので、少し抵抗があるという方もいるのではないでしょうか。引越し業者はみなプロなので、個人情報の保護に関してはきちんとルールを定めていますが、トラブルが必ずしも起きないとはいいきれません。その点、レンタカーを借りて自分で引越しをすれば、自分の家族や友人たちと気兼ねなくできるので、トラブルが起こる心配はありません。

引越し代はどれくらいになるのか

それでは、レンタカーで引越しをするとどれくらいの金額になるのか見ていきましょう。レンタカーを利用した引越しの場合、基本的にかかる費用としては「レンタカー基本料金」「オプション料金(幌・ブルーシートなど)」「ガソリン代」「資材代(ダンボールなど)」の4つです。

あとはワンウェイ(乗り捨て)を利用する場合はその分の追加料金がかかり、高速道路を利用する長距離の引越しの場合は高速代も考えておく必要があります。

今回は例として、夫婦で2人暮らし、2DKの間取り、近距離の引越しでワンウェイや高速道路の利用はなし、T-3クラス1.5t等を12時間利用した場合の金額を見ていきましょう。

まずレンタカー基本料金が約1万1,000円、オプション料金が約1,600円、ガソリン代が約1,000円、ダンボールなどの資材代が約5,000円とすると、合計の引越し代が約1万8,600円です。もしワンウェイや高速道路を利用した場合はもう少しかかり、もし誰かにお手伝いをお願いした場合は、お礼やお食事代も見ておかなければいけません。

また、単身でもっと荷物が少ないという人は、もっと小さいトラックで済むので、さらに安くなるでしょう。レンタカーの基本料金は会社によってそれぞれ違ううえ、また会員になれば会員料金でより安くレンタカーを借りることができるという場合もあるので、近くでより安いレンタカー会社を探すとよいでしょう。

ただし免許区分には注意!

引越しのためにレンタカーを借りる際に注意しなければいけないことは「免許区分」です。多くの人が持っているスタンダードな免許といえば、普通自動車運転免許(普通免許)です。この普通免許で運転できる車は、2017年3月12日以降に免許を取得した方は、車両総重量が3,500kg未満、最大積載量が2,000kg未満、乗車定員が10人以下の四輪車と定められています。

また、2017年3月11日以前に免許を取得している方の場合だと、普通免許で運転できる車は、車両総重量が5,000kg未満、最大積載量が3,000kg未満、乗車定員が10人以下の四輪車と定められています。免許制度が改正されたため、免許を取得した日によって運転できる車の大きさや重さが違うので注意が必要です。

そして、それ以上大きい車種だと「準中型免許」や「中型免許」、「大型免許」が必要になります。予約を済ませる前に、大きな荷物がある場合はその幅や高さを測り、どの大きさのレンタカーを借りるべきなのかを確認しましょう。そして、それは持っている免許で運転できるものなのかも合わせて確認するようにしましょう。

 

レンタカーで引越しをすれば業者に頼むよりも安く、さまざまなメリットがあることがわかりました。しかし、必要なレンタカーの車種が自分の持っている免許では運転できなかった場合や、荷物が多かったり引越しの距離が長かったりする場合などは、引越し業者に頼んだ方がよいでしょう。自分の引越しの場合はどちらにしたほうがよいか、よく考えてから選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2022.08.15
「もしレンタカーにキズがついたら何をしたらいいの?」「キズの修理費に何十万円もかかったらどうしよう」など、車を借りたことがない方や初心者の方は不安になりますよね。今回はレンタカーをキズつけた
続きを読む
投稿日 2022.07.15
「レンタカーって返すときに洗車しないといけないの?」と疑問に思ったことはありませんか?とくに初めてレンタカーを借りるときは不安になることが多いと思います。今回は「レンタカーは洗車して返すべき
続きを読む
投稿日 2022.06.15
車を持っていない人にとってレンタカーはとても便利なサービスです。しかし、レンタカーは自分の車ではないので気を使うことがたくさんあります。とくにレンタカーを初めて借りる人は不安でいっぱいですよ
続きを読む
投稿日 2022.05.15
レンタカー利用時、補償のオプションに入るかどうか悩んだ経験はないでしょうか。結論、オプションには加入するべきです。今回は基本的な補償からオプションの内容までを切り分けて説明していきますので、
続きを読む
投稿日 2022.04.15
新しい生活スタイルも浸透してきた中で、気分転換やストレス発散にドライブをするという方でも、雨の日は視界が悪く、路面の状態も滑りやすくなることから敬遠している方も多いようです。前から予定やどう
続きを読む
投稿日 2022.03.15
冬は雪にまつわるレジャーも楽しみな季節ですが、雪道には多くの危険が潜んでいます。日本の国土の半分は豪雪地帯といわれ、毎年雪による交通事故が数多く発生しています。路面の状況は一定ではないため、
続きを読む
投稿日 2021.12.15
家族でレンタカーを借りてお出かけした時に、子どもが車酔いしてしまったというシチュエーションはよくあることでしょう。子どもが苦しい思いをしないためにも、車酔いを起こすのは防ぎたいですよね。今回
続きを読む
投稿日 2021.11.15
特徴 トラックの利用可能 補償 対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、車両補償 等 会員制度 〇 当日レンタル受付 可能 支払い方法 原則クレジットカード 営業時間 8:00~20:00
続きを読む
投稿日 2021.11.15
最近ニュースなどでよく見かけるようになった「あおり運転」。その記録されたドライブレコーダーの映像を見ていると本当に怖いですよね。あおり運転の被害にはできる限り遭いたくないものです。今回の記事
続きを読む
投稿日 2021.11.15
大切なペットと一緒にレジャーを楽しみたい、でも自家用車は持っていない。そのためにレンタカーの利用を検討する方は多いでしょう。そもそも、レンタカーへペットを同乗させることはできるのでしょうか。
続きを読む